• 三島 切立小皿の画像
  • 三島 切立小皿の画像
  • 三島 切立小皿の画像

三島 切立小皿

¥2,160円

長野県上田市の陶芸家、戸津圭一郎さんの三島切立小皿です。

”三島”とは花印や赤貝の殻を用いた技法で、繊細な模様が刻印されています。 さらに刷毛を使って化粧土を塗りつけているため、そのムラや刷毛目のラインが、表情の違いとなって現れています。

エッジの効いた縁の立ち上がりが細かな文様と相まって、よりシャープな印象を受けます。 この立ち上がりがあることで、取り皿としての使い勝手はもちろん、汁気のある一品料理を盛るのにも適しています。

なお併せて撮影した黒のお皿は、同じデザインのものに特注で黒い釉薬を施して頂いたものです。 うっすらと控えめな文様になることで、一層引き締まった印象に。 今回は試作品一枚のみですが、ご希望がございましたらぜひお問い合わせください。

ひとつひとつ手作りで作られているため、色味や大きさ、表情に多少の差異がございます。 また、粉引のものは製造の過程で黒い鉄粉の跡がみられます。気になるという方はお問い合わせください。


OTHER PHOTOS

  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    繊細に施された花印や貝の刻印。古くからの技法ながらモダンさを感じさせる。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    。きりっと立ち上がった縁。汁気のあるお料理も安心してしつらえることが出来る。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    裏面は土目を残した素朴な表情。「け」印は戸津圭一郎さんの作品の証。数パターンありますので、届いてのお楽しみ。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    黒釉は上品な照りと控えめな文様が特徴。土の色と漆黒の色合いが、神秘的な表情を際立たせている。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    三島五寸皿との比較。デザインを統一すると、食卓に洗練されたまとまりを生む。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    重ねた様子も美しいよう作られている。さりげない気遣いが戸津さんのものづくりの心のよう。

長野県上田市の陶芸家、戸津圭一郎さんの三島切立小皿です。

”三島”とは花印や赤貝の殻を用いた技法で、繊細な模様が刻印されています。 さらに刷毛を使って化粧土を塗りつけているため、そのムラや刷毛目のラインが、表情の違いとなって現れています。

エッジの効いた縁の立ち上がりが細かな文様と相まって、よりシャープな印象を受けます。 この立ち上がりがあることで、取り皿としての使い勝手はもちろん、汁気のある一品料理を盛るのにも適しています。

なお併せて撮影した黒のお皿は、同じデザインのものに特注で黒い釉薬を施して頂いたものです。 うっすらと控えめな文様になることで、一層引き締まった印象に。 今回は試作品一枚のみですが、ご希望がございましたらぜひお問い合わせください。

ひとつひとつ手作りで作られているため、色味や大きさ、表情に多少の差異がございます。 また、粉引のものは製造の過程で黒い鉄粉の跡がみられます。気になるという方はお問い合わせください。


OTHER PHOTOS

  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    繊細に施された花印や貝の刻印。古くからの技法ながらモダンさを感じさせる。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    。きりっと立ち上がった縁。汁気のあるお料理も安心してしつらえることが出来る。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    裏面は土目を残した素朴な表情。「け」印は戸津圭一郎さんの作品の証。数パターンありますので、届いてのお楽しみ。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    黒釉は上品な照りと控えめな文様が特徴。土の色と漆黒の色合いが、神秘的な表情を際立たせている。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    三島五寸皿との比較。デザインを統一すると、食卓に洗練されたまとまりを生む。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立小皿
    重ねた様子も美しいよう作られている。さりげない気遣いが戸津さんのものづくりの心のよう。