• たわみ鉢(粉引・黒釉)の画像
  • たわみ鉢(粉引・黒釉)の画像
  • たわみ鉢(粉引・黒釉)の画像

たわみ鉢(粉引・黒釉)

¥3,456円

長野県上田市の陶芸家、戸津圭一郎さんのたわみ鉢(粉引・黒釉)。

ろくろで成形したものを湾曲させた、上品な曲線の鉢です。

粉引とは白い化粧土を上掛けした特殊な技法で、素朴な風合いと温かみのあるアイボリー色が特徴。 ベーシックな形と色合いで、どんな料理も引き立ててくれます。

それに加えて、”ICCAオリジナル”として黒い釉薬のものを制作していただきました。 白とは一変して、モダンでシャープな印象に。決して黒一色ではなく、上品な艶や白い斑点が鉱物のような質感になっています。

煮物などの和食はもちろん、サラダやフルーツといった彩りを生えさせる名脇役になってくれるでしょう。

ひとつひとつ手作りで作られているため、色味や大きさ、表情に多少の差異がございます。 また、粉引のものは製造の過程で黒い鉄粉の跡がみられます。対して黒釉には白い斑点が。気になるという方はお問い合わせください。


OTHER PHOTOS

  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    粉引の白は、温かみのある色合い。和の雰囲気もあるが、洋食も生える懐の深さがある。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    黒釉は引き締まった印象で、たわみがより強調される。色味のある料理がより上品に仕上がる。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    黒い斑点は土に含まれる鉄粉が飛び、焦げた跡。また縁にはうっすらと削られたラインが。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    白い斑点は同じく鉄粉の跡。黒釉の場合、焦げは白く浮かび上がる。星空を閉じ込めたような神秘的な雰囲気も感じる。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    粉引の裏面は、化粧土がかかっておらず石のような雰囲気に。いろんな角度から眺めるのが器の楽しみ方のひとつ。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立五寸皿
    重ねて収納すると、たわみの曲線がはっきりとして美しい。
color
数量

長野県上田市の陶芸家、戸津圭一郎さんのたわみ鉢(粉引・黒釉)。

ろくろで成形したものを湾曲させた、上品な曲線の鉢です。

粉引とは白い化粧土を上掛けした特殊な技法で、素朴な風合いと温かみのあるアイボリー色が特徴。 ベーシックな形と色合いで、どんな料理も引き立ててくれます。

それに加えて、”ICCAオリジナル”として黒い釉薬のものを制作していただきました。 白とは一変して、モダンでシャープな印象に。決して黒一色ではなく、上品な艶や白い斑点が鉱物のような質感になっています。

煮物などの和食はもちろん、サラダやフルーツといった彩りを生えさせる名脇役になってくれるでしょう。

ひとつひとつ手作りで作られているため、色味や大きさ、表情に多少の差異がございます。 また、粉引のものは製造の過程で黒い鉄粉の跡がみられます。対して黒釉には白い斑点が。気になるという方はお問い合わせください。


OTHER PHOTOS

  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    粉引の白は、温かみのある色合い。和の雰囲気もあるが、洋食も生える懐の深さがある。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    黒釉は引き締まった印象で、たわみがより強調される。色味のある料理がより上品に仕上がる。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    黒い斑点は土に含まれる鉄粉が飛び、焦げた跡。また縁にはうっすらと削られたラインが。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    白い斑点は同じく鉄粉の跡。黒釉の場合、焦げは白く浮かび上がる。星空を閉じ込めたような神秘的な雰囲気も感じる。
  • 戸津圭一郎さんの楕円皿(粉引・黒釉)
    粉引の裏面は、化粧土がかかっておらず石のような雰囲気に。いろんな角度から眺めるのが器の楽しみ方のひとつ。
  • 戸津圭一郎さんの三島切立五寸皿
    重ねて収納すると、たわみの曲線がはっきりとして美しい。