後世に残したい日本の伝統的な暮らし

後世に残したい日本の伝統的な暮らしトークショー

3月25日に開催したICCA POP UP STORE特別トークイベント。
料理研究家であり、華道家でもある、そして日本文化の伝道師としてもご高名な松本栄文先生に『後世に残したい日本の伝統的な暮らし』をテーマにお話をしていただきました。

会の雰囲気もお伝え出来るように書き起こしの形式で3回に分けてお届けいたします。

■第1回 目次
和のある暮らし
本当の意味の和食とは
お刺身は500年前からある伝統的な食べ方
お醤油にお刺身をつける理由
日本人は農耕民族?狩猟民族?それとも。。

関連記事
第2回 後世に残したい日本の暮らし
第3回 後世に残したい日本の暮らし

後世に残したい日本の伝統的な暮らし

松本栄文先生トークイベント

酒井「それでは、本日は”後世に残したい日本の伝統的な暮らし”というテーマで暮らしというのを軸にお話をお願いいたします。」

松本先生「今、私、初めてこの会のテーマを聞きました(笑) はい、暮らしですね。

ICCAの家具もそうなのですが、いいものは時代を超えていいもの。いいものは飽きがきません。昔の家具はいい木を使って作られているものが多いので、とても貴重な木材で作られたものも少なくありませんね。

現代の人は良いものを見てきていないので、その活かし方を知らない。良いものがあっても通過してしまい、悪いものでも小洒落た演出でいいものだと思いこんでしまうということもあります。

今日は、ものの目利きではございませんが、日本人の原点としてその価値観に気づく会にできればと思います。」

和のある暮らし

 

和のある暮らし

松本先生「和という言葉があります。和っていったいなんでしょうか?
和を”日本的な”と捉えている方もいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。

和食、和服の和というのは、禾(のぎへん)に口(くち)と書いて和と読みます。
禾というは稲穂の穂が実って垂れている、この稲穂の一本の穂のかたち、これが転じて禾にかわっています。

口は一つのお米を栽培する田んぼの形です。田んぼが作られたことで人々が永住して農作業をやるようになり、部落ができる。するとそこをめがけて多くの人たちが住み着いてくる。異なる地域性を持った人たちが集中します。

そうすると異なる文化と文化がかさなりあって新たなものが生まれることになる。なので、和というのはひとつのものの固定概念を伝えるのではなく、ひとつの民族の形・思想のもとに、異なる文化と異なる文化をブレンドさせる、そういう意味を持っています。

なので、和の漢字がつく言葉は、調和、融和する、和える、ぜんぶブレンド。これが一つになっていく和ということ。

和というのは、日本人が異なる半島、大陸、他の国々からきたものを否定するのではなくその価値を尊重しながら自分流にブレンドしてつくっていくこと。これを和といいます。

それが大きな日本の拠点で、昔、大和(やまと)と言いました。大きな和と書いて大和(やまと)。奈良というのは古都、都でした。都ゆえに多くの異国文化が交わります。だから文化が大きく交わる拠点、これが大和だったのです。」

 

本当の意味の和食とは

松本先生「和食は異なる文化と文化とのブレンド。そのため、和食は正式なことばでいうならば、ショートケーキとか、どらやきとか、カステラ、ラーメン、焼き餃子、焼きそば、ナポリタン、とんかつ・・これ和食です(笑)。

みなさんがイメージする和食は日本料理なんです。日本料理は、いまから500年前の安土桃山時代よりも前の室町時代、ちょうど足利将軍家が京都に幕府を開いた時代。その前後に作られたもてなし料理、これを一つの核として今日にいたるまでずっとつくっているのがいまの会席料理や日本料理と言われるものです。」

 

お刺身は500年前からある伝統的な食べ方

松本先生「日本料理の代表はお刺身です。生のお魚にわさびを付けて醤油で食べたのが500年前。なんとお刺身は500年前からの伝統ある食べ方なんです。

なぜ、そういう食べ方をするようになったかというと、もともとは塩漬けしたお魚を薄くきって酢で洗い、それを食べるのが刺し身のはじまり。

それがさらにお客さんが来るようになると、そんな塩漬けしたものよりも、あなた(ゲスト)のために日持ちしない生魚をかき集めてもてなした。っと主人は恩着せがましくやりたい(笑)。

それが分かるからお客人は食後にご馳走様という。ご馳走様というのは馬を走らせると書きますよね。馬を走らせてわたしのためにわざわざ食材をかき集めてくれた。それに対して敬意を持ってご馳走様という。

だから、昔、塩漬けの魚じゃなくて生の魚をお出しするのはとても高級なことでした。

そういう風に生魚をだすようになると、当時は保存状態はよくない。さらに昔の人は川魚を食べていました。よく食べられていたのは鯉や鱒、うなぎ、ふな、鮎もそう、川魚。川魚は海の魚と違って体温が少し低い。

体温が低くて川だから寄生虫が多い、寄生虫が多いということは虫下しを起こす。だから野草で殺菌作用の強いもの解毒作用の強い有用植物といわれるものと組み合わせている。だから鮎には蓼(たで)がつく、鯉の洗いにはわさびがつく。これが500年前のもてなし料理からはじまった料理です。それがいまでもお刺身にはずっとわさびがついていますね。」

 

お醤油にお刺身をつける理由

松本先生「お醤油をつけるようになった理由は、お醤油はアルカリ性です。お魚は筋肉だから酸性。アルカリ性と酸性がくっつくと中和されますよね。酸性が強い食材は、お醤油だけでは中和できないから、アルカリ性の強い薬味を添えて中和しようとする。日本人は中和した味をもっとも愛する民族なんです。

だからかならず肉類には、アルカリ性のものを添える。だから必ず薬味を添える。これが日本料理特有の薬味を添えるという文化になってくるわけです。」

 

日本人は農耕民族?狩猟民族?それとも。。

松本先生「日本国連の民俗学に関する有識者会議が開かれた時に、世界の地球上に住んでいる民族を狩猟民族なのか農耕民族なのか騎馬民族なのか分類することになって、マップをつくることになりました。

日本人は農耕民族かとおもわれましたが、それに区分されなかった。かといって狩猟民族でもない、馬に乗ってあちこち点在して騎馬民族みたいに暮らしているかというかというとそうでもない、日本人だけ世界で唯一例外だったんです。

結果、騎馬的農耕複合民族という戒名のようにとって付けられた民族に区分されました。(笑)。

一つの農業として永住する、一つの場所に定住して暮らすというのは農耕民族、だけれども農耕民族は新しい文化が入ってくることを拒みます。自分の持っている文化が侵されることを嫌うんです。でも日本人は拒絶しない。実は、拒絶しない価値観を持つ民族というのは騎馬民族特有なんです。さらに漁師がいて、またぎもいる、ということで狩猟民族的なこともある。なんだこの民族はということで。日本人だけはどの民族にも該当しないというのが今から18年位前の会議で使われるようになりました。いまはどうかはわからないですけれども。」

松本先生「でも、このような流れをずっと見ていくと、和食の和、和服の和、和というのは、日本特有な価値観で収めたものであるというのが、和を捉える正しい解釈なのかなと私は思っています。」

 

関連記事
第2回 後世に残したい日本の暮らし
第3回 後世に残したい日本の暮らし

BREW FOR YOU

アンティークのSECOND KITCHEN(セカンドキッチン)

 

パートナーに感謝の気持ちや思いやりを言葉だけでなく、何かの行動にするのはなかなか難しいものです。

毎日のこととして続けて行動に移すには、結局のところ、自分自身が楽しんでやれることが大事、と私たちは考えています。その結果としてパートナーも嬉しいというのが一番いいのではないかと。

そんなお互いに楽しみながら続けられる習慣について考えた末、ICCAではSECOND KITCHEN(セカンドキッチン)というスタイルをご提案しています。

男性は道具やスタイルなど、形から入るのが大好きなことは良く聞く話で、かく言う私自身もその一人。

男の道具としてのキッチン。それは食事を作るためのものではなく、自分好みの道具を使い(披露し)、そして収納する(ディスプレイする)ためのキッチンです。

たとえばコーヒーのハンドドリップに凝っている男性なら、自分のとっておきの道具をディスプレイしておけるケースとなり、食後のコーヒータイムになれば颯爽と道具を取り出して、奥様の目の前でドリップを披露する。

お茶を淹れるのが趣味の方は茶房の亭主のように、またカクテル作りにこだわっていればバーのマスターのように。SECOND KITCHEN(セカンドキッチン)がまるでステージのように感じられ、これが思った以上に楽しく、得意げな気持ちになります。

ただの自己満足だと思われるかもしれませんが、きっと進んでパートナーへ労りと感謝の一杯を振る舞う習慣がうまれるはずです。

現在はアンティークをベースに制作しているため、数に限りがございます。それぞれ個性の違うデザインをご用意しておりますので、ぜひお好みのものをご検討ください。

ガラスショーケースタイプは、お気に入りの道具をディスプレイしながら収納することができます。こだわりの道具を揃えて並べておくことで、奥様にもてなすモチベーションも維持できるはず。

ご自分の好きなことを投影して、ぜひ自分だけの”SECOND KITCHEN(セカンドキッチン)”を考えてみてください。そのご要望に応えられるよう、さまざまなタイプの商品を考案して参ります。

ICCA SECOND KITCHEN
icca-life.com/inspiration/story/278

JAPANESE-LIKE DRAWER

日本らしい縦格子の引き出し棚

 

以前の投稿で、「似合う取っ手が見つからない」と嘆いていたコンソールテーブルをご紹介しました。

仕入れから半年以上経って、ようやくぴったりの真鍮製の取っ手を手に入れて、取り付けたところです。

このコンソールテーブルには、8杯の引き出しがありますが、そのうち4杯は縦格子のような底になっています。

一体何のために?と思いながらも、かつての使い方を想像しています。

使いやすいように新しいものに取り替えることは簡単ですが、他の棚にはない特徴を残して、魅力にしてあげるのも私たちの仕事だと思っています。

引き出しを開けたところを真上から撮影してみました。まるで格子窓が重なっているように見え、どこか日本的な陰影の美学を感じてしまいました。

このコンソールテーブル、皆さまにもご提案したかったのですが、実は完成前にご成約となりました。
商品ページ等でもご紹介しますので、ぜひご覧下さい。

ICCA Online Shop
http://icca-life.com

DRIED-FLOWER

ケヤキのアンティークスツールとドライフラワー

 

花を二度楽しむ。
生花として、ドライフラワーとして。

リビングテーブルがエアコンの風が当たりやすい場所にあるためか、
みずみずしく咲いていた花たちが見事にいい雰囲気のドライフラワーになっているときがあります。

ドライになると華やかさはなくなりますが、
代わりに素朴な凛とした雰囲気が生まれ、生花とは異なる魅力を放ち始めます。

その時々で、植物の曲がり具合や色合いの変化が異なるので、
見ていてとても面白いのです。

暖房で乾燥しがちな環境を逆手に取って、
花を1度で二度楽しんでみてはいかがでしょうか。

写真はケヤキのアンティークスツールの上ににひょうたん型のアンティークボトルにドライになった花を活けたものです。


ICCA Online shop

http://icca-life.com

APPRECIATION

アンティークの瓶

 

日頃よりICCAをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

7月のオンラインショップリリースから半年間。皆様のご声援やご指摘をいただきながら、商品づくりやサイト運営に日々励んでいます。

今月の初旬までの合計で、Instagramのフォロワー数が500人に達しました。またFacebookでのいいね!も2800人以上と、たくさんの方にICCAのことを見守って頂いています。私たちも驚きつつ感慨に耽るばかりです。

皆様の暮らしの中に、ささやかでも「気づき」をご提供できるよう、これから一層心を込めて発信して参ります。

皆様の篤いご愛顧に感謝します。そしてまだ見ぬ新しいお客さまとの出会いを心より願っています。

KAGAMI-BIRAKI

鏡餅

 

今日は「鏡開き」の日です。

お正月の松飾りをしまい、歳神様をお見送りしたのちに、お供えしていた鏡餅を頂く日が1月11日とされています。

お正月の間、年神様の依り代になっていた鏡餅は、年神様の魂が宿っているとされているため、食べることで力を授けてもらうことができるそうです。

新しい年の皆の健康を祈願しながら、お雑煮やお汁粉を美味しく頂く。その願いをよく噛みしめ、お腹に入れることで、より深く家族を思う。そんな1日にしてはいかがでしょうか。

我が家でも鏡を賑やかに開き、お餅料理を頂きました。
色合いも楽しみつつ、優しい風味でほっと一息。

「笹茶と小豆ぜんざいの寒天仕立て」
戸津圭一郎さんのたわみ鉢(粉引)

ICCA Online Shop
http://icca-life.com

RE-ARRIVAL

RE-ARRIVAL

 

戸津圭一郎さんのコーヒーカップと湯呑み。

ご好評につき完売となりました。お求め頂きありがとうございます。

 

次回の入荷は3ヶ月後ということで、皆様には大変お待たせしてしまいます。

ですが、前回製作分の在庫を取り寄せましたので、数に限りはございますがご購入いただけます。前回取り逃がしてしまったという方は、お早めにお求めください。

 

初めてのICCAオリジナル商品が、皆様の生活の一部として加えて頂けたことが、感謝とともに強い自信となっています。皆様からのお声を頂いて、豊かな暮らしのためのプロダクトを考案して参りますので、ぜひご期待ください。

 

 

ICCA Online Shop 戸津圭一郎 / 陰陽の器

陰陽の器 / 戸津圭一郎

特売期間終了のお知らせ

セール期間終了のお知らせ

 

今日は成人の日。新成人の皆様の、これからの活躍を願っています。

さてICCAの年末年始特売も、本日をもって終了致します。多くのお客様にご訪問、ご購入いただき誠にありがとうございました。

本日中までのご購入の商品は10%offにてご提供致しますので、この機会にぜひご利用ください。


また明日1月9日から配送業務を再開致します。
すでにご購入いただいているお客様には大変お待たせしておりますが、今しばらくお待ち下さいます様、お願いいたします。

ICCA Online Shop
http://icca-life.com

TSUKUMO-GAMI

古道具

 

日本の伝記の中に「九十九神(つくもがみ)」という神様がいることをご存知でしょうか。

 

馴染みのあるものでは傘の妖怪などもその一種。長い間使われてきた物や道具に神性や精霊がやどったものを九十九神と呼ぶそうです。

 

粗末に扱われたものは悪さを働き、大切に扱われてきたものは神様として力を貸してくれるという、実に人間らしい、ものとの向き合い方を考えさせてくれる神様です。

 

台所の包丁も、手入れをしなければ切れが悪くなり、手を傷つける元となりますが、よく研がれた包丁は、効率だけでなく料理の味にも良く影響しているように思います。確かに、手入れの行き届いた大切に扱っているものはとても人間に協力的な気がします。

 

古道具屋としては、すでに役目を終えたかと思われたものをきちんと再生し、大切に扱ってくれるオーナー様と引き合わせることで、協力的な九十九神様になってもらえるよう願うばかりです。

 

ICCAではセールのような衝動買いを促すような取り組みは、実はしない予定でした。ですが、家族揃ってゆっくり過ごせるこの時期は、家族にとって大切なものを考える良い機会だと、思い切って10%OFFのセールを開催することにいたしました。

 

1月8日までセールを行っておりますので、是非この機会にご家族とご検討下さい。

 

ご購入時に以下のクーポンコードを入力していただくことで、定価から10%割引致します。ご決済前に割引金額が正しいことをご確認ください。

 

□ arigatou2017

 

 

ICCA Online Shop

http://icca-life.com