ガラスショーケースの楽しみ方

日本のアンティークのシンプルなデザインのガラスショーケース

 

前面に大きな一枚のガラスが使われた、横開きのショーケース。

デザインとしては無駄のないすっきりとしたものですが、両側面に開き戸のある珍しい作りのアンティークです。

内部の棚もしっかりと厚みのあるガラスが5枚、ディスプレイを最大限に楽しめる作りとなっています。

そんなガラスケースをご家庭で使うにはハードルが高い、と思われている方も多いのではないでしょうか。確かに収納したものが全て見えてしまうというのは、センスを問われるのでは?、というお声も聞きます。

私たちはそういった方達にこそ、ガラスケースを楽しんで頂きたいと考えています。

ディスプレイに正解はないですから、試行錯誤して配置を入れ替えながらその時の最適解に近づいていく。それが出来上がった時の達成感は、小さくても気持ちに張りが生まれる実感があります。

テーマを決めて飾ってみる、というのも一つの手かもしれません。

お気に入りの器、旅先で買ったもの、季節にまつわるもの。家族との写真や思い出の品をどんどん集めて、アルバムの様にするのも素敵です。

新しい習慣を生むガラスケースで、ご自分だけのディスプレイをお楽しみください。

ICCA 『横開きのショーケース』
http://shop.icca-life.com/?pid=131428254

ジュエリーのショーケース

日本のアンティークの黒いジュエリーディスプレイ向きのガラスショーケース

 

妻にとっては、こういうショーケースにジュエリーを入れられる部屋が憧れのようです。

憧れを叶えてあげたいところですが、いまはこのショーケースを置く場所がありません。お部屋の空間にまだ余裕がある方いかがでしょうか。

印象に残る珍しい形のショーケースですので、店舗の什器としても存在感を発揮してくれそうです。

まだ商品掲載前ですが詳細が気になるという方はお問い合わせ下さい。


ICCA Online shop
http://icca-life.com

アンティークモダンな本棚

日本のアンティークの六段の本棚

 

アンティークの本棚は普段から意識して探してはいるものの、心惹かれるものに出会えずにいました。

この本棚はシンプルだけどとてもいい佇まいをしていて、初めて惹かれた本棚。
いい素材を生かしてしっかりと仕上げました。書斎などにいかがでしょうか。

最近、投稿している写真の中で掲載している商品についてお問い合せを頂くことが多くなりました。

商品をオンラインショップの方に掲載する前に、先んじて写真を投稿していることがあります。

ピンときた商品がサイトに掲載されていなければ、
お手数ですがコメントやメッセージいただければ詳細をお伝えいたしますので、お気軽にお問い合せ下さい。


ICCA Online Shop
http://icca-life.com

 

 

ICCA / 一花

ICCA(イッカ)のアンティークボトル

ある日、妻がひどく怒っている。という話を後輩から聞いた。

理由をたずねると、昨晩、飲んで帰宅した彼は、寝ている6ヶ月の子供を見て無性に遊びたくなり起こしてしまったそうだ。
無理に起こされた子供は、当然不機嫌に泣き叫ぶ。目を開けたかわいい我が子を見て満足した彼はそのまま熟睡。
翌朝、奥さんは一言も口を聞いてくれなかったらしい。食器とカトラリーが当たる「カチカチ」という音がひびく静かな朝食だったそうだ。
そんな話をフムフムと聞いていたら、ふとアイデアを思いついたので、後輩に「ちょっと実験してみよう」と持ちかけてみた。

「帰りに花を一輪買ってかえってみたら?」と

「どうせ怒っているから、これ以上は悪くはならないじゃない?奥さんがどんな反応するか、面白いから実験してみようよ」と後輩だから無責任に強く勧める(半ば強制的に)。花を買うなど柄ではない彼が、花屋で不器用に花を選んでる姿を想像するとニヤニヤが止まらなかった…。ごめん、後輩よ。

その夜、後輩から「花をみせた瞬間に妻の顔から怒りがなくなりました!!おかげで楽しく賑やかな夕食を過ごすことができました。ありがとうございました!」というメールをもらう。実はちょっと感動していた。「おそらく喜ぶんじゃないかな…」と思う一方で、かなり怒っていたらしいので、一輪の花がどれだけの効果があるのだろか?と疑ってもいた。

人の気持ちは、些細な事で良くも悪くも大きく変わるものだと思う。気持ちが良ければ、良い言葉や行動を生み、人と人との間を豊かに繋いでゆく。ICCAは、商品を通して「家族や大切な人との間」を繋ぎ、ちょっとした「いいね」を日常のなかに添えてゆきたいと考えてます。一輪の花が、ある日の後輩の食卓を楽しくしたように。

後輩の奥様へ。人の気持ちを実験してしまい誠にすいませんでした。

ICCA(イッカ)/一花のアンティークボトルを並べたインテリア

人の手や古い機械だからできる
揺らぎのあるガラスたち

NEAT TRICK

アンティーク手編みの古籠

妻があたふたと何かを探している姿を見たことがない。
それに比べ私といえば、書類や文房具、服に至るまで毎日何かしらを探している。

なぜだろうと、妻をよくよく観察してみると、小箱などを使ってものの居場所を作り、使ったら元の場所にもどすという単純なことを当たり前に行っているから、ということがわかった。

少し拍子抜けしてしまうが、私はその当たり前ができていなかったのだ。

実際、居場所が定まっていないものが多く、一度ものを使った後、同じ場所に置くこともあるし、置かないこともあるので、しばしば行方不明になることがある。

そして、妻がわかるはずもない探しものの在処を訪ねては、もの探しに巻き込むのであった。

そんな私を見かねた妻が、小箱でものの居場所を作ってくれたところ、自分でも驚くほど探しものが少なくなったのだ。

探しものを減らすコツはとても単純で、記憶力を高めることではなく、ものの居場所を作り、使ったら戻すという仕組みなのであった。

とはいえ、よく目にするところの収納はインテリアとして雰囲気のよいものにしたい。そこでインテリアとしても魅力的な収納道具を集めてみました。

お気に入りの収納道具をものの定位置にすれば、使ったらその場所に戻すということを習慣にしやすくなる、もとに戻したくなる、、、はず。

アンティークの収納ボックス

アンティーク家具の収納ボックス

新商品を追加しました 05/15

ICCAの日本のアンティークの小さい道具箱

先日に続き、アンティークの新商品を8点追加しました。

 

使い勝手の良い小さめの鏡や、卓上での整理にちょうど良い道具箱なども入荷しています。

まだアンティークを使ったことがない、という方にもおすすめですので、

この機会にぜひご覧ください。

 

ICCA ANTIQUE

わくわくの記憶

アンティーク家具の書斎

小学生になるときに買ってもらった学習机。あのときのワクワク感は今でも鮮明に覚えています。

はじめて自分専用の家具を持つことで、少し大人に近づいたような気がしてとても嬉しかったのです。暫くは特に用はないのに机に座ってその喜びをかみしめていました。

先日、かっこいいデスクを買って、その嬉しさから特に用もなく座っている時、ふとそのことを思い出し、あぁ変わってないな自分となったのでした。

わくわくするものが身近にあるというのはとても幸せなこと。