-ICCA BLOG-

KAGAMI-BIRAKI

鏡餅

 

今日は「鏡開き」の日です。

お正月の松飾りをしまい、歳神様をお見送りしたのちに、お供えしていた鏡餅を頂く日が1月11日とされています。

お正月の間、年神様の依り代になっていた鏡餅は、年神様の魂が宿っているとされているため、食べることで力を授けてもらうことができるそうです。

新しい年の皆の健康を祈願しながら、お雑煮やお汁粉を美味しく頂く。その願いをよく噛みしめ、お腹に入れることで、より深く家族を思う。そんな1日にしてはいかがでしょうか。

我が家でも鏡を賑やかに開き、お餅料理を頂きました。
色合いも楽しみつつ、優しい風味でほっと一息。

「笹茶と小豆ぜんざいの寒天仕立て」
戸津圭一郎さんのたわみ鉢(粉引)

ICCA Online Shop
http://icca-life.com

01.11.2018

SHARE

RECOMMEND