-ICCA BLOG-

立秋

コンソールテーブルの飾り付け

今日は立秋。

暦の上では、初めて秋の気配が感じられる時期ということですが、感覚的にはまだまだこれからが夏本番という印象があります。

とはいえ季節の移り変わりは、いつも思ったより早くすすみ、気がついたら夏が終わっていたというのが私の慣例となっています。

この夏と秋との間(はざま)にある曖昧な季節。

この短い季節をせっかくだから楽しもうと、庭にあるなぜかすでに紅葉しているモミジと、食べる前の夏野菜のトマトを、コンソールテーブルに飾り付けてみました。

夏なのか、それとも秋なのか、どちらとも言い切れない感じが、夏と秋が融和した感じが、この季節ならでは?

コンソールテーブルはちょっと場所をとりますが、
子供の作品を一時的に飾る場所になったり、写真を飾って楽しい思い出の余韻に浸る場所になったり、
なんとなく、今の季節を部屋に取り入れてみたいなと思うきっかけになったり、
飾るための場所があると、とても生活が楽しくなります。

コンソールテーブルを使って自分なりの季節の表現を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※コンソールテーブルとは、日本ではまだ馴染みのない言葉ですが、飾り付けをするための家具、小型の装飾用のテーブルのことを言います。

#阿部春弥 さんの花器の曲線が素敵

08.07.2017

SHARE

RECOMMEND