-ICCA BLOG-

ICCAアンティーク照明展

和風なアンティークの照明

美しいもの。

ICCAにおいて美しいとは、”ふと目に入った瞬間にその佇まいにうっとりするもの”。”言葉で語る必要がなく見るたびに心が高揚するもの”を言う。

今回ご紹介するのは、まさにそんな”美しい”という言葉で形容できる照明たち。あるだけで空間を洗練された場へガラリと変えてしまう特別なアンティーク照明を集めました。ICCAの”美しい”感覚と近い人がいたらとても嬉しいな、という期待とともにICCAアンティーク照明展を開催します。

雰囲気はそのままに、新しくすべきところは新しいものに変えて、全商品ICCAらしくリメイクしています。夜が長くなるこの季節に、明かりの模様替えをしてみてはいかがでしょうか。

美しい彫刻のようなアンティークペンダントライト照明

「まるで彫刻のようだね。」

ICCAのスタッフが発したこの言葉。確かに彫刻作品のような繊細さと存在感を放っています。

商品ではありますが、作品をつくるように時間を掛けリメイクしています。シェードホルダー一つとっても、真鍮を黒色化するために独自の製法を生み出しながら、様々な種類や加工方法を試しベストなものを選んでいます。

すべてそのようなスタイルで作っているため、トライアンドエラーに要した費用を加味すれば、ものによっては赤字です。それでも”美しい”ものへの追求はやめられないのです。

乳白すりガラスのアンティーク照明

ガラスは乳白色、特にすりガラスのタイプが好きで、やわらかいその光に癒やされる日々です。

少し暗めの落ち着いた空間にしたいという場合にはぴったりの照明です。光量としては弱めの光ですので、明るくしたい場合には他の照明との組み合わせをおすすめします。

アンティークの和風なスタンドライト照明

スタンドライトといえば後回しになりがちな家具ですが、あると暮らしがぐっと豊かになる、そんな照明です。

穏やかな光の中でパートナーと温かいお茶を飲むリラックスシーンを演出したり、
主照明との組み合わせで明るく温かい家族団らんのリビングを演出することもできます。

 

特別なアンティークの照明で、明日からの日々をより豊かに変えてみませんか。

和風なアンティークの照明

11.27.2017

SHARE

RECOMMEND