-ICCA BLOG-

KITCHEN DESK

KITCHEN DESK-キッチンデスク

女性の朝はとても忙しい。
そのため、子供が保育園に通い始めてから、朝ごはんの準備は私が担当することになった。

自分で料理をしはじめて気がついた我が家のキッチンの狭さ。
シンクとコンロの間には炊飯器がドンと置いてあり、その周りはまな板一つと大皿を3枚置くともう他に何かを置くスペースはない。

駆け出しの朝食担当の私は料理本のレシピを見ながら朝ごはんをつくることが多いのだが、料理本を置くところがないので、しかたなく、炊飯器の上に置いて調理をしていた。

本に少しでも体が触れてしまえば、シンクやコンロに落ちてしまうため、注意を払って料理をする。さすがにストレスであったのでダイニングテーブルに本を置きはじめたが、距離があって余計面倒だった。

そこで、キッチンの横にちょっとしたデスクを置くことにした。
ちょうどシンクに立って振り返るとある小ぶりなデスク。”KITCHEN DESK”と呼んでいる。

このKITCHEN DESKに料理本やiPadを置いて料理をすることにした。
キッチンとは別の島なので、シンクに落とす心配もない。
キッチンが調理器具やお皿で一杯になれば、仮の置き場所にもなる。

なにより、コーヒーやお茶を飲みながら料理ができるので、気に入っている。
料理中は邪魔になるのでグラスやカップは、注いだら一口飲んでダイニングテーブルに置いてそのままになっていたが、KITCHEN DESKに置けば邪魔にはならないし倒してこぼす心配も少ない。

何かを温めたりしているときのちょっとした待ち時間にスツールに座りながら、コーヒーを飲む。この時間が結構気に入っている。

雑誌を置いて空き時間に見ながら料理するなんていうのも良いかもしれない。

そんな話しをメンバーにすると、そのメンバーも狭いキッチンで似たような思いをしていて話が盛り上がった。

最近、鰹節を自分で削って味噌汁の出汁をつくることにハマっているらしい。ただ、体重をのせて鰹節を削るため、キッチンだと高さ・スペース的に非常にやりにくいそうだ。

KITCHEN DESKなら鰹節を削りやすい上に、デスクの引き出しは小ぶりな鰹節削り器と鰹節を収納しておくには丁度いい。

人によって使い方は違うと思いますが、キッチンのエリアに調理スペースとは別の島があると、何かと便利で、工夫次第ではより楽しいキッチンにすることができる。

あなたの暮らしに合うKITCHEN DESKを見つけてみて下さい。

KITCHEN DESK(キッチンデスク)

KITCHEN DESK(キッチンデスク)

キッチンがもっと居心地のよい場所になる小ぶりなデスク

04.20.2018

SHARE

RECOMMEND