相手という自分の鏡

アンティークミラー

相手は自分の鏡。

だとすれば、写し出された像は一体自分に、何を語りかけているのだろう。

そんな風に考えると、自分の考えに固執しなくなるようになると、

ある方から教わったことがあります。

夫婦同士で口論になると、どうしてもお互いを責める口調や気持ちになってしまいますが、

ふとその言葉に立ち返って、相手の主張を受け止めることが大事だと思います。

そうしてぶつかりながらでも、「向き合う」ことで共に成長する関係を築けるのではないでしょうか。

10.11.2018

SHARE

RECOMMEND