ICCAのアンティーク家具説明書

ICCAアンティーク家具

こんにちは。ICCAです。

今回は、ICCAの商品をご購入検討中の方や、最近知ってくださった方に向けて、ICCAのアンティーク家具に関してご説明いたします。

1.ICCAは現代和家具を販売しています。

ICCAのプロダクトは、主に明治から昭和初期に製造された和家具を中心に、日本全国から集められてます。大切に使われていたものを譲っていただいたり、長い間、蔵で眠ていたものだったり、壊れて捨てられるようなものもセレクトし、再び新しい命を吹き込みます。

古い和家具は、現在の欧米化されたインテリアには合わせづらく、残念ながら、破棄されるものも少なくありません。ですが、手を加えることにより、モダンな雰囲気を持つ新しい和家具(現代和家具)に変化します。

 

ICCA家具作り

2.家具職人によるリペア/リメイクを施しています。

ICCAのアンティークは、確かな技術をもつ家具職人が丁寧にリペアを施しています。
また、独自に技術の研究と開発を行っており、家具に新たに装飾を施したり、異なる用途で使えるように大幅にリメイクを行うこともあります。
ICCAのオリジナルといっても過言ではないほど、手を加えている家具も数多くあります。

虫食いや割れ・欠け・傷なども気になるところはできる範囲で手を加えておりますが、100年近く経っている家具ですので、味わいとしてお楽しみください。どうしても気になる方はアンティークは避けた方がよいかもしれません。虫食いはとりわけ害があるというわけではなく、また古い材は進行しないことがほとんどです。虫も新しい木の方が好きなようです。

 

ICCA和家具リペア

3.基本無垢・無塗装の仕上げです。

黒色塗装以外のほとんどは無垢・無塗装仕上げです。
木肌の質感や木目をお楽しみ頂けます。

ただ、その反面、表面に木を保護するコーティングがありませんので、傷やシミがつきやすい状態です。何か液体が付着した際は、固く絞った布でできるだけ早くふき取るようにしてください。オイル等を塗ることでシミや傷がつきにくくなりますが、ICCAがご提案している乾いた質感ではなくなりますのでご注意ください。

また、湿度や温度によって木が呼吸し、膨張したり、縮小したりすることもあります。伸縮によって引き出しや扉の動きが悪くなったり、木が反ったり、割れたりすることもあります。できるだけ直射日光があたる場所や、クーラーの風があたる場所などを避けてください。オイルを塗った場合も、伸縮がなくなるということはありません。

引き出しや引き戸の動きが悪くなったと感じたら、市販のロウやシリコンなどを塗ることで滑りがよくなることがありますので、お試しください。

4.加工もご相談ください。

「天板をガラスから木に変えたい。」「オイルを塗ってほしい。」などご要望がある方はご相談ください。
テレビボードの背面の穴あけなど一部無料にて承っている加工もございます。
※すべてのご要望にお応えすることはできませんので、予めご了承ください。

ご相談はお問い合わせフォームか、ICCAのInstagram,Facebook,LINE@へDMください。

Instagram公式アカウント
https://www.instagram.com/icca_life/

Facebook公式アカウント
https://www.facebook.com/iccalife/

LINE@公式アカウント
https://lin.ee/8nP2E8o

 

新作のお知らせはLINE@から。

新作のお知らせはLINE@よりおこなっております。また、OPEN STOCK ROOM(工房内覧会)の日程のお知らせをいち早く知りたい方はぜひご登録ください。

LINE@公式アカウント
https://lin.ee/8nP2E8o

 

09.12.2020

SHARE

RECOMMEND