• 栗色のコーヒーテーブルの画像
  • 栗色のコーヒーテーブルの画像
  • 栗色のコーヒーテーブルの画像

栗色のコーヒーテーブル

¥0円

小ぶりなサイズが使いやすい、日本のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブル。

深く落ち着いた栗色の雰囲気で、シックなインテリアにも取り入れやすい印象のアンティークテーブルです。

抑揚の効いたデザインのろくろ脚は、決して派手ではなく日本らしい繊細な雰囲気を持っています。四本の脚でしっかりとした安定感があります。

取手には銅製の引き手が使用されています。ICCAでは通常取手は別のものと交換して、家具全体のトーンを調整することが多いのですが、 この引き手は和のデザインの中でも、より洗練されたものだったため、交換せずもともとの金具を残して仕上げました。

天板、脚部ともに、クリ材で構成されています。もとの塗料によって、力強くうねるような木目がはっきりと見られます。 防虫性の高いクリ材ですので、虫食いなどの痛みが少なく、状態の良いアンティークと言えるでしょう。

もとは勉強机として文房具などをしまっていたであろう引き出しが2杯付いています。 テレビやエアコンのリモコン、コースターやペンなど、リビングでのご使用にはぴったりの家具でしょう。

普段はすっきりと整理でき、必要な時に取り出せる便利なところも、現代の要望に応えています。

当時とは違う新しい使い方をする=「見立てる」という楽しみ方を、ぜひお試しください。

経年によるキズ・汚れ・歪み等がございます。アンティーク・ユーズドという商品の特性をご納得された上でのご購入をお願い致します。

現品をご覧になりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • SIZE

    本体
    w 86.5cm
    d 45.0cm
    h 36.5cm

    引き出し内寸
    w 26.5cm
    d 35.0cm
    h 7.0cm

  • 送料サイズ

    サイズ:11
    送料について

OTHER PHOTOS

  • 日本のアンティークのシンプルなろくろ脚のコーヒーテーブル
    小ぶりで使いやすいサイズ。マンションの一室に入れても圧迫感なく、シンプルインテリアにも自然に馴染むデザイン。
  • 日本のアンティークのシンプルな赤茶色のコーヒーテーブル
    赤茶色の色合いが落ち着いた雰囲気。すらりと脚が長いので、コーヒーテーブルとしては最適の高さ。
  • 日本のアンティークの小さいろくろ脚のコーヒーテーブル
    奥行きは45cmと狭めなので、リビングに置いてもスペースを占めない。
  • 日本の時代物のろくろ脚のコーヒーテーブル
    天板は黒みがかった色で時代を感じさせる。横幅は広めで、2人がけのソファにもちょうどいいサイズ。
  • 日本の古道具のクリ材のろくろ脚のコーヒーテーブル
    力強い木目がクリ材の特徴。軽やかなデザインの中にも、重厚感のある渋さが伺える。
  • 銅の引き手の付いたろくろ脚のコーヒーテーブル
    片面に2杯の引き出し付き。上品な和のデザインの引き手に程よい緊張感を覚える。経年した銅の風合いも美しい。
  • 日本のアンティークの引き出しの付いたろくろ脚のコーヒーテーブル
    引き出し内部は奥行きがあるため、様々なものを入れられる。散らかりがちなリビングの小物を整理しやすい。
  • 日本の古家具の繊細なろくろ脚のコーヒーテーブル
    繊細な作りながら、しっかりと支えるろくろ脚。先端が広がっているデザインのため、見た目にも安定感がある。
  • 和のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブル
    細かなラインから、当時の技術の高さと個性の豊かさを感じる。絶妙なデザイントーンによって、洋ではなく和家具であることを実感。
  • 和のアンティークのクリ材の天板のろくろ脚のコーヒーテーブル
    天板の一部に、細かい傷が見られます。風合いを優先して傷は補修しておりませんので、ご了承ください。
  • 和のアンティークのクリ材の天板のろくろ脚のコーヒーテーブル
    また天板の木口付近に数センチの割れが見られます。こちらも通常のご使用での問題はないと判断し、補修しておりません。
  • 和のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブルのインテリア
    さりげなくお花を飾れば、現代の住宅にもすんなり馴染むでしょう。

小ぶりなサイズが使いやすい、日本のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブル。

深く落ち着いた栗色の雰囲気で、シックなインテリアにも取り入れやすい印象のアンティークテーブルです。

抑揚の効いたデザインのろくろ脚は、決して派手ではなく日本らしい繊細な雰囲気を持っています。四本の脚でしっかりとした安定感があります。

取手には銅製の引き手が使用されています。ICCAでは通常取手は別のものと交換して、家具全体のトーンを調整することが多いのですが、 この引き手は和のデザインの中でも、より洗練されたものだったため、交換せずもともとの金具を残して仕上げました。

天板、脚部ともに、クリ材で構成されています。もとの塗料によって、力強くうねるような木目がはっきりと見られます。 防虫性の高いクリ材ですので、虫食いなどの痛みが少なく、状態の良いアンティークと言えるでしょう。

もとは勉強机として文房具などをしまっていたであろう引き出しが2杯付いています。 テレビやエアコンのリモコン、コースターやペンなど、リビングでのご使用にはぴったりの家具でしょう。

普段はすっきりと整理でき、必要な時に取り出せる便利なところも、現代の要望に応えています。

当時とは違う新しい使い方をする=「見立てる」という楽しみ方を、ぜひお試しください。

経年によるキズ・汚れ・歪み等がございます。アンティーク・ユーズドという商品の特性をご納得された上でのご購入をお願い致します。

現品をご覧になりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

  • SIZE

    本体
    w 86.5cm
    d 45.0cm
    h 36.5cm

    引き出し内寸
    w 26.5cm
    d 35.0cm
    h 7.0cm

  • 送料サイズ

    サイズ:11
    送料について

OTHER PHOTOS

  • 日本のアンティークのシンプルなろくろ脚のコーヒーテーブル
    小ぶりで使いやすいサイズ。マンションの一室に入れても圧迫感なく、シンプルインテリアにも自然に馴染むデザイン。
  • 日本のアンティークのシンプルな赤茶色のコーヒーテーブル
    赤茶色の色合いが落ち着いた雰囲気。すらりと脚が長いので、コーヒーテーブルとしては最適の高さ。
  • 日本のアンティークの小さいろくろ脚のコーヒーテーブル
    奥行きは45cmと狭めなので、リビングに置いてもスペースを占めない。
  • 日本の時代物のろくろ脚のコーヒーテーブル
    天板は黒みがかった色で時代を感じさせる。横幅は広めで、2人がけのソファにもちょうどいいサイズ。
  • 日本の古道具のクリ材のろくろ脚のコーヒーテーブル
    力強い木目がクリ材の特徴。軽やかなデザインの中にも、重厚感のある渋さが伺える。
  • 銅の引き手の付いたろくろ脚のコーヒーテーブル
    片面に2杯の引き出し付き。上品な和のデザインの引き手に程よい緊張感を覚える。経年した銅の風合いも美しい。
  • 日本のアンティークの引き出しの付いたろくろ脚のコーヒーテーブル
    引き出し内部は奥行きがあるため、様々なものを入れられる。散らかりがちなリビングの小物を整理しやすい。
  • 日本の古家具の繊細なろくろ脚のコーヒーテーブル
    繊細な作りながら、しっかりと支えるろくろ脚。先端が広がっているデザインのため、見た目にも安定感がある。
  • 和のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブル
    細かなラインから、当時の技術の高さと個性の豊かさを感じる。絶妙なデザイントーンによって、洋ではなく和家具であることを実感。
  • 和のアンティークのクリ材の天板のろくろ脚のコーヒーテーブル
    天板の一部に、細かい傷が見られます。風合いを優先して傷は補修しておりませんので、ご了承ください。
  • 和のアンティークのクリ材の天板のろくろ脚のコーヒーテーブル
    また天板の木口付近に数センチの割れが見られます。こちらも通常のご使用での問題はないと判断し、補修しておりません。
  • 和のアンティークのろくろ脚のコーヒーテーブルのインテリア
    さりげなくお花を飾れば、現代の住宅にもすんなり馴染むでしょう。