大人の憧れ

ICCAの日本のアンティークのデスクやサイドチェストのある書斎のコーディネート

 

大きなデスクを持つというのは、ある意味大人の夢かもしれません。

学校から始まり、新社会人になって与えられるスペースはごく僅か。そこから少しずつデスクが大きくなっていくことは、自分の立ち位置が着実に上がっているのを、象徴的に表しているのではないでしょうか。

それは家の中でも同様に、自分だけのスペースを確保したいと思う男性も多いでしょう。ですが、よほど広いお家でない限り、難しいかと思います。

先日友人夫婦のお宅へお邪魔したのですが、彼らの家では寝室に置いたデスクを、共有で使っているのだとか。

昼は奥さんがお化粧や読書に、夜は旦那さんが趣味の時間に使っているようです。

完全な一人だけの空間は作れなくても、一人で過ごす時間を確保するのに、家族のルールを作っておくのは大事なことだと感じました。

この夫婦のように共有のデスクを作るなら、収納の多さは重要です。かといって機能的過ぎるデスクもどこか味気ない。

写真はデスクとサイドチェストを上手く組み合わせて、収納力と風合いを持ち合わせた佇まいに。
それほど大きなデスクでなくても、自分の空間は作れるかもしれません。

* デスク・サイドチェスト・アイアンチェアなどはすべて別売りとなっております。 合わせてのご購入をご希望の方は、事前にご連絡下さい。

 

ICCA Japanese Antique
http://icca-life.com/

06.15.2018

SHARE

RECOMMEND