ICCA ORIGINAL PRODUCT PROJECT_003 Lim.

Less is more. 引き算の美学

天板とろくろ脚だけのテーブル。
美しく引かれたろくろ脚を最高の状態で見せたいと考えた結果、このような結論になりました。天板の木口などシンプルにし、幕板をなくし、モダンで洗練されたデザインに仕上がりました。

完成品を最初に見た時に、おこがましくも、ミース・ファンデル・ローエだな───と思ったのが、名前の由来となっています。

削ぎ落としたことにより現れたもの

普通のテーブルが構成するパーツを削ぎ落とし、天板の厚さと重さ、ろくろ脚の太細など、全体のバランスを何度も試作し、研究を重ねました。その結果、テーブルというより、凛とした美しいオブジェのようなものに仕上がりました。
また、シンプルなデザインのおかげで、テーブル下の居住性も上がりました。肘掛け椅子をテーブル下に仕舞えたり、足を組み替えるのも容易だと思います。
また、ろくろ脚は簡単に着脱ができるので、、普段は収納し、使用する際に設置するというようなフレキシブルな使い方も可能です。将来的にはパーツを増やして、さまざまな使用用途に使えるように考えてます。

一本で絵になるろくろ脚

一本で絵になるようなろくろ脚を作ろう。というイメージで制作に取り掛かりました。
もう一つのダイニングテーブル“ATMOSPHÈRE(アトモスフェール)”は、大好きなろくろ脚と他のパーツとの調和を意識し、いわゆるICCAの集合体です。一方、“Lim.(リム)”は、まずろくろ脚。そしてそれに天板を合わせていく、ろくろ脚が主体となったテーブル。ろくろ脚だけでい言いますとICCAが一番お勧めしたいデザインに仕上がっています。

極上の触り心地

ろくろのシェイプも惚れ惚れしますが、触り心地もまた格別です。最高の切れ味にした歯で削り出し、何度も触れ、どこか引っかかるところががないか?気持ちの悪いところがないか?と指先の神経を集中し磨きあげた表面です。
目を瞑って、上から下へゆっくりと触ってゆくと、様々な触覚イメージが想起されます。例えば、赤ちゃんのお尻のようなきめ細く優しい触り心地だったり、アスリートの足首のようにキュッとしまった筋のような触り心地だったり───
やや行き過ぎた表現でしたが、言いたいことは、ぜひ一度、現物のろくろ脚を触れて体感していただいということです。

次世代のアンティークをご自身の手で

当初、普段制作しているアンティークの質感を目指していたのですが、3つの理由でオイルフィニッシュを採用しました。
1、無塗装アンティークの質感はとても良いが、デイリーに使用していくと良い風合いを維持するのが難しい。2、艶のでるオイルフィニッシュが、少しICCAのテーストと違うと避けていたが、マットで程よい質感する方法を見つけた。3、アンティークの少し手前というイメージで仕上げ、使えば使うほど良い味わいになり、次世代のアンティークに各家庭で育てて欲しい。
使われ方や環境によって、様々な表情に仕上がってゆきます。ぜひ、無垢材の魅力をお楽しみください。

無垢材ついて

DINING TABLE, ORIGINAL

Lim. -リム-

SIZE 01: W75cm〜W89cm x D75cm x H72.5cm

¥181,500(税込)

SIZE 02: W90cm〜W104cm x D75cm x H72.5cm

¥198,000(税込)

SIZE 03: W105cm〜W119cm x D75cm x H72.5cm

¥214,500(税込)

SIZE 04: W120cm〜W135cm x D75cm x H72.5cm

¥231,000(税込)

  • ※販売価格は送料を含みません。

※天板ワイドサイズは下記の範囲でオーダー可能ですので、購入時に備考欄にご希望のサイズをご記載ください。
何も記載がない場合は、お選びいただいたサイズの範囲の中から最大のサイズにてお届けいたします。

素材
天板/楢材
その他(幕板/脚等)/楢材またはタモ材
仕上げ
オイルフィニッシュ
重量
22kg
納期
2ヶ月
※納期が決まりましたらメールまたはお電話にてご連絡いたします。
送料
全国一律 4,000円